用途別!水槽・アクアリウム活用法

アクアリウムに認められる効果

アクアリウムに様々な効果があることは、
医療的にも脳機能的にも、数々の実証結果から立証されていますが、
それらの効果を期待してアクアリウムの設置を考えた場合、
どんな効果があるのかを、改めて理解しておく必要があります。

 

では具体的にアクアリウムには、どの様な効果があるのでしょうか?
それらの効果をまとめてみましょう。

 

  • 1. 観賞用としての効果。
  • 2. 見た目の高級感を感じたりする心理的効果。
  • 3. アクアリウムの持つイメージで精神的に癒される効果。
  • 4. アニマルセラピー効果により、見る者の自信向上やストレス発散を促す効果。

 

大きく分類するだけでも、これだけの効果があります。
アクアリウムの活用法として、見た目だけではなく、これらの効果を狙って行う方法があります。

 

では、具体的にどんな活用法があるのかを紹介していきましょう。

 

具体的にどんな活用法があるのか

アクアリウムの様々な効果を狙って設置されるケースは、
自宅や会社、店舗、病院など、様々な場所で見られますが、それらを具体的に紹介しましょう。

 

  • 1. 自宅の寝室で、癒し効果から得られる安眠作用を目的に設置する場合。
  • 2. 勉強部屋で、息抜きや気持ちの切り替えの為に、アニマルセラピーを利用する場合。
  • 3. 自宅の玄関先に設置して、訪問客に良い心理的効果を持たせ、円滑に接客する場合。
  • 4. 自宅のインテリアに合わせ、部屋全体の高級感を感じさせる心理的効果を狙う場合。
  • 5. オフィスの受付に設置し、会社イメージを向上させたり、

    待っている間にストレスを溜めないようにさせる心理的効果を狙う場合。

  • 6. 応接室に設置し、商談をうまく進めるためにアニマルセラピー効果を狙う場合。
  • 7. オフィスや病院に設置し、従業員の向上心アップや、ストレス発散を狙う効果。
  • 8. 病院の患者さんを元気にするといったアニマルセラピーを狙った効果。

 

この様に、具体的な効果を狙った設置例は、様々な効果を生み出しますので、
多くの場所で、既にこの様なアクアリウムの設置がされています。
これからアクアリウムの設置を考えている方は、
何を目的として設置するのかを、明確にしておく必要があるわけです。

 

イメージと目的に合ったアクアリウムを設置しよう

アクアリウムはそれぞれの設置に関して、色々な効果を目的に設置するべきという事はよく理解できましたが、
もう1つ重要な要素があります。
それは、その部屋や空間のイメージに合ったアクアリウムの設置を考えなければならないということです。

 

その場所の持つイメージに合わないアクアリウムを設置してしまうと、
全体のイメージがちぐはぐなものになり、効果が半減するどころか、
アクアリウム自体が浮いてしまって、逆効果になってしまう可能性もあります。
そのような事がない様に、トータルのバランスを考えながら、アクアリウムの活用法を考えるべきでしょう。


このページの先頭へ戻る