熱帯魚を飼う上でのバクテリアの取り扱い

飼育におけるバクテリアの役割とは?

熱帯魚を飼育する時に、器材や主役の熱帯魚はその様子や変化をすぐに見ることが出来るので、ある程度対応が可能です。

 

しかしながら、熱帯魚飼育を初めたばかりの方が、
まず最初につまづくのが、バクテリアの取り扱いです。

 

バクテリアは見えないため、これで大丈夫という明確な判断がつきにくく、良くわからないという方が多いのが現実です。
しかしながら、このバクテリアの果たす役割は、
熱帯魚の生存するための環境を作っている、最も大きな存在である為、その生死に直結してしまうのです。

 

バクテリアの最も大きな役割は、水槽内の、水中に存在する不廃物や老廃物の分解です。
この分解が行われる事で、水質の浄化が行われているのです。

 

バクテリアの取り扱いについて

バクテリアは、空気中の何処にでも存在します。
水槽立ち上げ時にも2週間程、水槽に水を投入し、カルキ抜きを行い放置運転が必要といわれるのは、
この空気中のバクテリアが水槽内の水の表面に付着し、
水槽内部に十分繁殖するのに必要とされる時間なのです。
熱帯魚が水槽の水の中で、問題なく生存するためには、このバクテリアの充満が必須要素なのです。

 

よく市販品でバクテリア溶剤が売られており、
水槽設置後、数時間でバクテリアの充填した水槽になるといった記述がありますが、
実際には、そんなに短時間で熱帯魚に適した水にはなりません。
熱帯魚投入前に、水槽内のバクテリア拡散のための時間は、十分な時間を取って、対応を行う事が大事です。

 

メンテナンスの上での注意点

バクテリアについて、実際に熱帯魚の飼育を開始した後のメンテナンス上の注意点を考えましょう。
まず、常時バクテリアの役割は、先ほど説明したように水中の不廃物や、
老廃物などの有害物質の分解が目的となりますが、
実は、この分解には数度の過程が必要になるのです。
具体的に、その過程を紹介しましょう。

 

アンモニア(有毒)⇒分解⇒亜硝酸(魚には有毒)⇒分解⇒硝酸塩(無毒)

 

この分解過程がなされるためには、この様に少なくとも2回の分解が必要になるのです。
これを見れば容易に理解できますが、水質を悪化させるのが、いかに簡単で
水質を改善するのが、いかに大変という事が分かるでしょう。

 

水質が悪化すると、当然水槽の水の入れ替えが必要になりますが、
その時には当然ながら、バクテリアはその交換量に比例して減少してしまいます。
従って、常にバクテリアの数を大きく増減させないためにも、
普段から、水質の悪化をさせないような水質管理を行う必要があります。

 

また、この定期的な水の入れ替えについて、注意点があります。

 

水の入れ替えを行う場合に、水槽内の清掃は当然行うのですが、
同時にフィルターの清掃は、行わない様にしなければなりません。
フィルターにはバクテリアがびっしりと張り付いてしまいます。
しかし、水道水等で洗い落とすと、バクテリアは簡単に死滅してしまうのです。

 

この様な事から、水槽内の水の入れ替えと、フィルターの入れ替えのタイミングは、時期をずらすようにしましょう。

 

 

 


このページの先頭へ戻る