人気の海水魚・淡水魚の種類を紹介!

人気のある淡水魚は?

飼育しやすく熱帯魚を飼う方には入門用の淡水魚ですが、やはり国外の
それも南米地域に生息する派手なカラーリングを持つ熱帯魚が、人気が高い傾向があります。

 

国内の淡水魚にも一部根強いマニアが存在しますが、
全体的な人気では、やはり海外の見た目の派手な熱帯魚に人気が集中しています。

 

では、具体的に人気の高い淡水魚を紹介していきましょう。

 

1. カージナルテトラ

カージナルテトラ

 

2. アピスト・ラミレジィ

アピスト・ラミレジィ

 

3. エンゼルフィッシュ

エンゼルフィッシュ

 

人気の順位は変動しますので、一概に言えませんが、これらはいずれも常に人気の高い熱帯淡水魚です。

 

カージナルテトラは飼育が容易でおとなしく、混泳にも適しています。
但し繁殖は難しいと考えた方が良いでしょう。

 

アピスト・ラミレジィは、混泳にはあまり適しませんが、飼育はしやすく、繁殖も容易です。

 

エンゼルフィッシュは、捕食出来てしまう程の小型の熱帯魚でなければ、混泳は可能です。
飼育はしやすく繁殖も可能です。

 

 

人気のある海水魚は?

海水魚は淡水魚と比較して飼育が難しく、上級者向けの熱帯魚ですが、カラフルで、
幻想的な発色をするものも多く、全般的に淡水魚よりも人気が高いのが特徴です。
エサや器具も高額で、熱帯魚自体も高額なものが多いので、十分に経験を積んだ上で飼育に挑むのが良いでしょう。

 

それでは人気の高い海水魚を紹介しましょう。

 

1. デバスズメダイ

デバスズメダイ

 

2. カクレクマノミ

カクレクマノミ

 

3. スカンクシュリンプ

スカンクシュリンプ

 

これらも淡水魚同様で順位は変動しますが、いずれも人気の高い熱帯海水魚です。

 

デバスズメダイは、グリーンとブルーの発色が非常に美しく、比較的に飼育がしやすい魚です。

 

カクレクマノミは、あのディズニー映画「ファインディングニモ」で有名になった魚です。
非常に臆病ですので、飼育が難しい面があります。
購入時にはエサをしっかり食べる個体を選ぶと良いでしょう。

 

スカンクシュリンプは魚についた寄生虫を除去してくれます。
混泳にはもってこいで、その動きも非常にリズミカルなので癒し効果は抜群です。

 

 

熱帯魚を選ぶ基準は?

熱帯魚を選ぶ基準は様々な要素がありますが、
一般的に、淡水魚より海水魚の方が飼育が難しいとされている上に、
コストも高く付きますので注意が必要です。

 

初心者は淡水魚で知識と経験を積んでから、海水魚に移るのが良いでしょう。

 

どの熱帯魚を選ぶかは、当然自分の好きな魚を選ぶのが大きな基準の1つとなりますが、
飼育の難しさや経済的な要素、繁殖が容易かどうか等を含めて、
総合的に判断するようにしましょう。


このページの先頭へ戻る