ライブロックについて

海水水槽にはライブロックという岩が入っています。

 

それは水槽内に自然の景色を再現させてくれるアイテムでもあり、
水槽状態の安定にも繋がる大きな役目を果たしてくれます。

 

では、ライブロックとはどういった物なのか紹介します。

 

ライブロックとは・・・

 

ライブロックを、直訳すると『生きた岩』です。
ハードコーラルが死んだ後、石灰質の骨格が時間をかけて風化し、岩になったものがライブロックと呼ばれています。
様々な藻類やゴガイ、甲殻類等の小生物や水槽維持には欠かせないバクテリアなどが多数付着している為、
生きた岩と呼ばれるのです。

 

 

ライブロックの役割

 

自然のろ過バクテリアにより、生物ろ過が早く立ち上がる。

 

ライブロック表面のろ過バクテリアが水質を浄化する。

 

付着した微生物が、魚たちの餌にもなったりする。

 

 

ライブロックの表面に覆っている赤やピンクのコケ=石灰藻は緑色のコケや茶色のコケとは違って、
海水中のカルシウムや微量元素が豊富で、硝酸塩やリン酸が少なく、水質が安定した水槽でよく成長します。
つまり、ライブロックの色味が水槽の状態を測る目安になるのです。

 

しかし、一般的にライブロックは綺麗な石灰藻が付いている方が良いライブロックと言いますが、
石灰藻で選ぶよりも、「形」、「サイズ」、「におい」、「付着物」等の条件も含めて選ぶのが正しい選び方なのです。

 

 

キュアリングとは・・・

 

 

キュアリング=ライブロックの洗浄です

 

浄化サイクルを担うライブロックですが、環境変化により一部の微生物や付着生物は死滅してしまいます。
とくに海中から引き上げられ、輸送中に進行していきます。
自然のライブロックを、そのまま水槽にいれると死んだ付着生物によって水質を悪化させてしまいます。

 

そこで必要となってくる作業が、「キュアリング」です。
方法は、ライブロックを海水を入れヒーターを導入し、
強力な水中ポンプでライブロック内の腐敗物を吹き飛ばしながら、エアレーションで生きてる生物を補助します。

 

目に見える有害生物やゴミはピンセットで取り除き、表面に付着している汚れは海水で洗い流します。
水の流れが全体に広がる様に積み重ねると良いでしょう。

 

キュアリングを行う期間ですが、目安としては

 

  • 死骸がなくなった
  • アンモニアがなくなった
  • 嫌な臭いがなくなった

 

この3つを満たしていれば完了といえると思います。

 

作業的には大変かもしれませんが、生き物を長く飼育し良い状態の水槽を維持するには手間暇を惜しんでも行うことが大切です。


このページの先頭へ戻る