水槽のメンテナンスを自分で行う場合の注意点

水槽メンテナンスの必要性

飼育が難しい熱帯魚ですが、そのためには水槽の掃除が重要であり、定期的な水槽メンテナンスが必須です。
メンテナンスを怠ると、当然、水質はどんどん悪化していきますので、水槽中の有害物質が増えます。
それを分解するバクテリアにも、能力の上限がありますから、
分解し切れない有害物質は循環し、さらなる水質の悪化を招く悪循環に陥ります。
こうなると熱帯魚の死亡リスクが増えていく訳です。

 

水槽メンテナンスでの注意点は?

熱帯魚が死なないように、快適に過ごせるようにしてあげるには、やはり定期的なメンテナンスは絶対に必須です。
ではメンテナンスを行う上で、今度は具体的にどの様な点に注意を払うべきなのでしょうか。

 

以下に、その要点をまとめてみました。

 

メンテナンスは、1週間の期間を置いて実施しましょう。
コケ落としは入念に行いましょう。
水槽の水の入れ替えは半分を目安にして下さい。
清掃時は、水草の清掃も忘れずに。

 

この4項目が、メンテナンスにおける大きな注意点です。
ではこれらの項目について解説していきましょう。

 

1のメンテナンス時期についてですが、水の交換については、よほどの事がない限り、
これより短い期間では水の入れ替えは行わない事です。

 

2については、残存したコケはすぐに繁殖するので、取りきれない分だけ、コケの繁殖が早くなってしまいます。
特に側面や水中はコケを取りやすいのですが、ついつい手を抜いてしまいがちなのが床面です。
床面の砂利などの間に残った老廃物は、やはり水質悪化の速度を早めますので、
専用のクリーナー等を利用し、しっかりとコケや老廃物の掃除を行うことが大事です。

 

3の水槽の水の入れ替えはバクテリアが失われてしまうので半分の水量を守る事です。
水質の汚れ具合がひどい時は、やむを得ず水槽内の水をすべて交換した方が良い場合もありますが、
その場合は決してフィルターは洗浄しないで下さい。
フィルターに張り付いたバクテリアが殺菌されると熱帯魚の死亡リスクが上がります。

 

最後に清掃時に忘れやすいのが4の水草についた汚れを取る事です。
水草の裏側にもコケや老廃物は付着しますので、しっかりと葉の裏も綺麗に拭き取りましょう。

 

これらの事をしっかりと行っておけば、水質はいつも清潔が保たれ、
熱帯魚にとっても住みやすい環境が維持されます。

 

水槽が汚れない予防も大事

 

水槽をいつも綺麗に保つには、メンテナンスをこなす事が大事であることは言うまでもありません。
しかしながらそれ以外の方法でも、不必要に水槽内を汚さない手段を取る事は可能です。
では具体的にどの様な対策があるのでしょうか。

 

老廃物の捕食生物を飼いましょう。
エサの与えすぎは厳禁です。

 

まず、エサの食べ残し老廃物を捕食するコリドラス・パンダや、
コケを食べてくれるオトシンクルス等を飼うのは、水槽内を綺麗に保つためには非常に重要なことです。

 

但し、目的の熱帯魚と捕食関係にあったり、
気が荒いものもいますので、相性は考えて利用するようにしなければなりません。

 

水質悪化の最も大きな原因は、エサを過剰に与えてしまう事にあります。
エサの量は、必ず現在の熱帯魚の必要量を正確に把握する事が大事です。


このページの先頭へ戻る